公益財団法人租税資料館


トップページ>>租税資料館賞>>第21回入賞作品


著書の部

図書名「課税訴訟における要件事実論」
著 者  今村 隆 氏 (日本大学大学院法務研究科教授)
発行所  (公社)日本租税研究協会 2011年7月刊

図書名「株式税制の計量経済分析」
著 者  大野 裕之 氏 (東洋大学経済学部教授)
      林田 実 氏 (北九州市立大学経済学部教授)
発行所  (株)勁草書房 2012年1月刊

図書名「わが国税務会計の発達とシャウプ勧告」
著 者  髙橋 志朗 氏 (東北学院大学経営学部教授)
発行所  同文舘出版(株) 2011年8月刊




論文の部

標 題「租税法と信託法の交錯―租税法上の信託の意義―」
稿 者  泉 絢也 氏
(関東信越国税局課税第一部国税訟務官室国税実査官)

標 題「企業税務所得概念としての純資産増加説―税務会計における所得概念の変遷と形成―」
稿 者  上野 隆也 氏 (税理士/桃山学院大学大学院非常勤講師)
(国際会計研究学会『国際会計研究学会年報』2010年度)
(日本社会関連会計学会『社会関連会計研究』第23号)

標 題「租税条約の自動執行力に関する考察」
稿 者  原 武彦 氏 (東京不服審判所国税副審判官)




租税資料館奨励賞の部

標 題「所得税法への給付付き税額控除の導入に関する研究―低所得者及び有子低所得者への配慮の視点から―」
稿 者  浅井 俊輔 氏 (立命館大学大学院 院生)

標 題「譲渡所得に対する二重利得課税方式の採用」
稿 者  浅野 祐二 氏 (立教大学大学院 院生)

標 題「関連者間の保険取引に係る課税問題についての一考察―支払保険料の損金性を中心に―」
稿 者  芦原 亮 氏 (立命館大学大学院 院生)

標 題「中国進出日系企業に係る課税問題に関する一考察―移転価格税制を中心に―」
稿 者  安達 友信 氏 (明治大学専門職大学院 院生)

標 題「投資ファンドの租税条約適格性に関する一考察」
稿 者  沖村 優輝 氏 (立命館大学大学院 院生)

標 題「法人以外の事業形態に対する課税に関する研究―新たな事業体における「損益の帰属」の視点から―」
稿 者  酒井 寛志 氏 (拓殖大学大学院 院生)

標 題「退職所得課税の問題点と解決策―新たな平準化措置の検討を中心として―」
稿 者  竹之内 和紀 氏 (新潟大学大学院 院生)

標 題「日本の連結納税制度における適正な個別所得算出の意義に関する一考察」
稿 者  寺嶋 理 氏 (金沢大学大学院 院生)

標 題「移転価格税制の執行における無形資産の取扱いについて」
稿 者  中島 美佐 氏 (明治大学大学院 院生)

標 題「相続税課税方式の今日的あり方」
稿 者  中野 伸也 氏 (富士大学大学院 院生)

標 題「所得控除制度の再考」
稿 者  藤村 直未 氏 (立教大学大学院 院生)

標 題「法人課税信託における租税回避への対抗策―外国信託を利用した複層化スキームによる租税回避への対抗策―」
稿 者  扶持本 泰裕 氏 (千葉商科大学大学院 院生)

標 題「移転価格税制に係る一考察―クロス・ボーダーでの事業再編を中心として―」
稿 者  茂木 裕晃 氏 (国士舘大学大学院 院生)

標 題「新しい減価償却制度の提案」
稿 者  山本 純子 氏 (神戸学院大学大学院 院生)

租税資料館賞授賞式

 第21回租税資料館賞授賞式が11月27日(火)、東京・新宿区のリーガロイヤルホテル東京で行われ、会場には受賞者の他、受賞作品の出版元である2名のご来賓をはじめ、当財団役員等が列席した。
 河﨑照行租税資料館代表理事が、受賞者に表彰状を贈呈し、挨拶を行った。

第21回租税資料館賞授賞式
前列左より 河﨑照行代表理事、今村 隆氏、大野裕之氏、林田 実氏、髙橋志朗氏、泉 絢也氏、上野隆也氏、原 武彦氏、品川芳宣選考委員長。2列目左より 浅井俊輔氏、浅野祐二氏、芦原 亮氏、安達友信氏、沖村優輝氏、酒井寛志氏、竹之内和紀氏、寺嶋 理氏。
後列左より 中島美佐氏、中野伸也氏、藤村直未氏、扶持本泰裕氏、茂木裕晃氏、山本純子氏。

租税資料館賞受賞論文集
第21回(2012年)

上 巻(PDF)・・・・・・5.03MB

中 巻(PDF)・・・・・・6.15MB

下 巻(PDF)・・・・・・12.9MB



戻る





Copyright (c) SOZEISHIRYOKAN. All Rights Reserved.