公益財団法人租税資料館


トップページ>>租税資料館賞>>第22回入賞作品


著書の部

図書名「知的財産権取引と課税問題」
著 者  谷口 智紀 氏 (島根大学法文学部法経学科准教授)
発行所  (株)成文堂 2013年4月刊




論文の部

標 題「DESにおける債務消滅益課税のあり方について」
稿 者  小林 則子 氏(税理士/早稲田大学大学院院生)

標 題「住居の所有関係別にみた消費税負担に関する考察」
稿 者  笹川 篤史氏 (長崎大学経済学部准教授)
(長崎大学経済学会『経營と経濟』 93巻1・2号)

標 題「信託税制に関する一考察―いわゆる事業信託における課税上の問題について―」
稿 者  西川 昌孝 氏 (東京国税局品川税務署酒類指導官、筑波大学大学院院生)

標 題「WTO法と税制の研究―国際課税制度の再考に向けて―」
稿 者  宮崎 綾望 氏(京都産業大学法学部准教授)
(日本租税研究協会 『租税研究』 第750号・第751号)

標 題「生命保険の金融的機能と課税上の課題―法人税法におけるオンバランス化への試み―」
稿 者  矢田 公一 氏(東京国税不服審判所、筑波大学大学院院生)




租税資料館奨励賞の部

標 題「所得税法上の医療費控除に関する一考察」
稿 者  赤木 葉子 氏 (専修大学大学院 院生)

標 題「金融機関に対する付加価値課税の検討」
稿 者  市澤 正昌 氏 (立教大学大学院 院生)

標 題「独立企業原則の限界と修正―アドビ事件を題材として―」
稿 者  海老原 宏美 氏 (日本大学大学院 院生)

標 題「組織再編税制改正に伴う諸問題―調整勘定の税務処理を中心に―」
稿 者  大芝 竜敬 氏 (早稲田大学大学院 院生)

標 題「所得課税における控除の実態―マイクロシミュレーションによる分析―」
稿 者  金田 陸幸 氏 (関西学院大学大学院 院生)

標 題「わが国の相続税の現状と課題―土地評価を中心として―」
稿 者  九之池 榮一 氏 (関西大学大学院 院生)

標 題「消費税の私的消費に対する課税についての一考察」
稿 者  河野 益典 氏 (大阪経済大学大学院 院生)

標 題「一般社団法人・一般財団法人を利用した相続税・贈与税の租税回避」
稿 者  坂井 玲央奈 氏 (新潟大学大学院 院生)

標 題「会社分割税制に関する一考察―会社分割税制を基軸とした構造的問題点等の検討を中心に―」
稿 者  佐藤 潤 氏 (富士大学大学院 院生)

標 題「推計課税の本質論に関する一考察―補充的代替手段説の検証を中心に―」
稿 者  田中 亨 氏 (関西学院大学大学院 院生)

標 題「租税法における信義則―納税者と税務当局との安定した関係に向けて―」
稿 者  成澤 智絵 氏 (日本大学大学院 院生)

標 題「租税条約上の企業の利得の解釈―グラクソ判決における租税条約適合性を中心として―」
稿 者  馬場 広貴 氏 (青山学院大学大学院 院生)

標 題「独立企業間価格算定における「幅」に関する一考察」
稿 者  藤井 麻央 氏 (立命館大学大学院 院生)

標 題「所得税法における納税義務者―住所判定を中心として―」
稿 者  吉田 多恵子 氏 (関西大学大学院 院生)

租税資料館賞授賞式

 第22回租税資料館賞授賞式が11月28日(木)、東京・新宿区のリーガロイヤルホテル東京で行われ、会場には受賞者の他、受賞作品の出版元である2名のご来賓をはじめ、当財団役員等が列席した。
 河﨑照行租税資料館代表理事が、受賞者に表彰状を贈呈し、挨拶を行った。

第22回租税資料館賞授賞式
前列左より 河﨑照行代表理事、谷口智紀氏、小林則子氏、笹川篤史氏、西川昌孝氏、宮崎綾望氏、 矢田公一氏、赤木葉子氏、品川芳宣選考委員長。2列目左より、市澤正昌氏、海老原宏美氏、大芝竜敬氏、金田睦幸氏、九之池榮一氏、河野益典氏、坂井玲央奈氏、佐藤潤氏。後列左より、田中亨氏、成澤智絵氏、馬場広貴氏、藤井麻央氏、吉田多恵子氏。

租税資料館賞受賞論文集
第22回(2013年)

上 巻(PDF)・・・・・・8.29MB

中 巻(PDF)・・・・・・6.57MB

下 巻(PDF)・・・・・・6.68MB



戻る





Copyright (c) SOZEISHIRYOKAN. All Rights Reserved.