公益財団法人租税資料館


トップページ>>租税資料館賞>>第23回入賞作品


著書の部

図書名「官民連携の地域再生―民間投資が地域を復活させる―」
著 者  川崎 一泰 氏 (東洋大学経済学部教授)
発行所  (株)勁草書房 2013年5月刊

図書名「私たちはなぜ税金を納めるのか―租税の経済思想史―」
著 者  諸富 徹 氏 (京都大学大学院経済学研究科教授)
発行所  (株)新潮社 2013年5月刊




論文の部

標 題「外国子会社合算税制の課税上の問題についての一考察
      ―税制の交錯から生じる問題点を中心に―」
稿者  羽島 和宏 氏
(東京国税局調査第一部主任国際調査審理官付国税調査官
 /筑波大学大学院 院生)

標 題「公売促進に向けた一提言」
稿者  山本 茂 氏 (東京国税局徴収部特別国税徴収官)




租税資料館奨励賞の部

標 題「法人税法におけるファイナイト保険の課税問題」
稿者  大貫 貴博 氏 (亜細亜大学大学院 院生)

標 題「法人税法69条における外国法人税の範囲の検討―最高裁判決を踏まえた法解釈枠組みの明確化―」
稿者  小野村 敬子 氏 (兵庫県立大学大学院 院生)

標 題「寄附金税制に関する一考察―「寄附金控除の年末調整制度化」を中心として―」
稿者  上村 大輔 氏 (千葉商科大学大学院 院生)

標 題「複数の組織再編等の組み合わせによる租税回避とその否認―取引の一体的把握の是非をめぐって―」
稿者  川端 一真 氏 (福岡大学大学院 院生)

標 題「消費税の課税に関する一考察―社会保険診療に対する非課税措置といわゆる「損税」について―」
稿者  金原 俊輔 氏 (千葉商科大学大学院 院生)

標 題「無利息融資課税―貸手における所得計上の法理―」
稿者  倉橋 秀典 氏 (早稲田大学大学院 院生)

標 題「企業集団税制における損失控除問題に関する一考察―適格現物分配を題材として―」
稿者  小池 正幸 氏 (立命館大学大学院 院生)

標 題「法人課税信託(自己信託等)を利用した租税回避への対応―米国連邦税法のビジネス・トラスト及び外国信託への取扱いを参考として―」
稿者  小森 悠一郎 氏 (名古屋経済大学大学院 院生)

標 題「法人税法22条4項(公正処理基準)の解釈」
稿者  阪田 大作 氏 (筑波大学大学院 院生)

標 題「国際的租税回避に対抗する法人税制についての一考察―BEPS対抗策と包括的租税回避否認規定の導入を中心に―」
稿者  武井 知佐 氏 (名古屋経済大学大学院 院生)

標 題「わが国の居住者等による二重非課税についての租税条約の濫用の防止―租税条約等実施特例法の観点からの防止策の検討―」
稿者  谷口 友一 氏 (名古屋経済大学大学院 院生)

標 題「信託を利用した証券化と課税―複層化された受益権につきpass-through debt certificatesを参考に―」
稿者  西浦 真平 氏 (関西大学会計専門職大学院 院生)

標 題「ハイブリッド・エンティティに係る課税問題についての考察」
稿者  平 慎之佑 氏 (立命館大学大学院 院生)

標 題「所得税制の課税単位に関する一考察」
稿者  船橋 充 氏 (関西大学大学院 院生)

標 題「譲渡所得課税における所得の認識基準に関する研究―課税のタイミングを中心に―」
稿者  山本 直毅 氏 (専修大学大学院 院生)

租税資料館賞授賞式

 第23回租税資料館授賞式が11月13日(金)、東京・新宿区のリーガロイヤルホテル東京で行われ、会場には受賞者の他、受賞作品の出版元である (株) 勁草書房 取締役出版事業部長他1名のご来賓をはじめ、当財団役員等が列席した。
 河﨑照行租税資料館代表理事が、受賞者に表彰状を贈呈し、挨拶を行った。

第23回租税資料館賞授賞式
前列左より 河﨑照行代表理事、川崎一泰氏、羽島和宏氏、山本 茂氏、大貫貴博氏、小野村敬子氏、上村大輔氏、品川芳宣選考委員長。2列目左より 川端一真氏、金原俊輔氏、倉橋秀典氏、小池正幸氏、小森悠一郎氏、阪田大作氏、武井知佐氏。後列左より 谷口友一氏、西浦真平氏、平 慎之佑氏、船橋 充氏、山本直毅氏。

租税資料館賞受賞論文集
第23回(2014年)

上 巻(PDF)・・・・・・7.89MB

中 巻(PDF)・・・・・・4.00MB

下 巻(PDF)・・・・・・4.35MB



戻る





Copyright (c) SOZEISHIRYOKAN. All Rights Reserved.