公益財団法人租税資料館


トップページ>>租税資料館賞>>最新の入賞作品

●第27回 租税資料館賞(平成30年11月)

著書の部

図書名『信託制度の活用による公益的政策の実現
     ―信託税制改革による信託活性化としての農地信託等の活用―』
著 者  喜多 綾子 氏 (税理士)
発行所  (株)清文社 2017年11月刊

図書名『所得課税の国際的側面』
著 者  渕 圭吾 氏(神戸大学大学院法学研究科 教授)
発行所  (株)有斐閣 2016年9月刊




論文の部

標 題「法人税法上の非営利型法人の留保所得に対する収益事業課税の一考察
     ―所得の源泉と財産の費消が結合する非営利型法人課税の論考―」
稿 者  苅米 裕 氏 (税理士/筑波大学大学院 院生)

標 題「移転価格税制におけるグループ内金融取引に関する一考察
      ―債務保証を題材として―」
稿 者  寺田 浩二 氏
    (日本公認会計士協会準会員/関西大学大学院 院生)




租税資料館奨励賞の部

標 題「投資促進税制としての租税特別措置法の課題
     ―投資誘因としての租税特別措置とパテントボックス税制の検証―」
稿 者  新垣 厚 氏 (千葉商科大学大学院 院生)

標 題「ビットコイン型仮想通貨のマイニングに係る税法上の諸問題について
     ―所得税法・消費税法の観点から―」
稿 者  小森 将之 氏 (早稲田大学大学院 院生)

標 題「我が国の消費税法における土地取引の非課税制度の是非について」
稿 者  佐々木 栄斗 氏 (筑波大学大学院 院生)

標 題「受益権評価と課税方式との関係からみた福祉型信託課税のあり方
     ―遺留分減殺請求時の論点を基点として―」
稿 者  座間 泰明 氏 (大阪経済大学大学院 院生)

標 題「法人税法上の新株の有利発行取引に関する一考察
     ―新株主に対する受贈益課税を中心に―」
稿 者  古川 良之 氏 (富士大学大学院 院生)

標 題「グローバル・トレーディングにおける課税問題
     ―独立企業原則の限界と定式配分方式の検討―
稿 者  向井 佑樹 氏 (名古屋商科大学大学院 院生)

租税資料館賞授賞式

 第27回租税資料館授賞式が11月27日(火)、東京・新宿区のリーガロイヤルホテル東京で行われ、会場には受賞者の他、受賞作品の出版元である(株)清文社 常務執行役員東京支社長、(株)有斐閣 代表取締役社長他2名のご来賓をはじめ、当財団役員等が列席した。
 河ア照行租税資料館代表理事が、受賞者に表彰状を贈呈し、挨拶を行った。

第26回租税資料館賞授賞式
前列左より 河ア照行代表理事、苅米裕氏、寺田浩二氏、渕圭吾氏、喜多綾子氏、玉國文敏選考委員長。後列左より新垣厚氏、小森将之氏、佐々木栄斗氏、座間泰明氏、古川良之氏、向井佑樹氏。

租税資料館賞受賞論文集
第27回(2018年)

上 巻(PDF)・・・・・・5.68MB

下 巻(PDF)・・・・・・7.45MB



戻る




Copyright (c) SOZEISHIRYOKAN. All Rights Reserved.