公益財団法人租税資料館


トップページ>>租税資料館賞>>最新の入賞作品

●第30回 租税資料館賞(令和3年11月)

著書の部
図書名
『課税所得計算調整制度の研究』
著 者
倉見 智亮 氏 (西南学院大学法学部教授)
発行所
(株)成文堂 2021年2月刊
図書名
『スウェーデンの租税政策―高福祉国家を支える仕組み―』
著 者
馬場 義久 氏
(早稲田大学名誉教授/総合政策フォーラム特別研究員)
発行所
(株)早稲田大学出版部 2021年2月刊
図書名
『債務免除益の課税理論』
著 者
藤間 大順 氏 (神奈川大学法学部助教)
発行所
(株)勁草書房 2020年12月刊
論文の部
標 題
「租税条約における仲裁手続について
―制度の導入拡大及び実施の観点からの検討―」
稿 者
石渡 智大 氏
(国税庁長官官房相互協議室/一橋大学国際・公共政策大学院 院生)
租税資料館奨励賞の部
標 題
「キャプティブと外国子会社合算税制―保護セル保険会社を中心に―」
稿 者
瀧 翔太 氏 (立命館大学大学院 院生)
標 題
「企業会計の変容と法人税法の対応
―解釈論と立法論の双方に焦点をあてながら―」
稿 者
細川 貴徳 氏 (立教大学大学院 院生)
標 題
「事業所得における期間対応費用の必要経費算入要件について
―直接性の意義を中心に―」
稿 者
松嶋 良太 氏 (兵庫県立大学大学院 院生)
標 題
「共同事業の所得区分
―組合契約推認アプローチによる事業所得該当性―」
稿 者
村井 圭介 氏 (青山学院大学大学院 院生)
標 題
「法人税における無償取引規定―収益認識の理論的根拠の明確化―」
稿 者
柳井 浩 氏 (LEC東京リーガルマインド大学院大学 院生)

租税資料館賞授賞式

 第30回租税資料館授賞式が11月29日(月)、東京・新宿区のリーガロイヤルホテル東京で行われ、会場には受賞者の他、受賞作品の出版元である(株)勁草書房、(株)成文堂、(株)早稲田大学出版部をはじめ7名のご来賓、当財団役員等が列席した。
 河ア照行租税資料館代表理事が、受賞者に表彰状を贈呈し、挨拶を行った。

第30回租税資料館賞授賞式


戻る





Copyright (c) SOZEISHIRYOKAN. All Rights Reserved.